スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2016年10月04日

S&W 実銃用木製グリップフィッティング (取り付け加工)

CMCのM29にS&W純正オーバーサイズグリップを加工調整しながら取り付けました。
ご存知のようにモデルガンにS&Wの純正グリップ取り付けるとピッタリ!と言う訳には行かないと思います。
製造時期の違うS&Wの実銃に他の個体の木製グリップを取り付けても同じ事が言えるそうです。
少し縁を削り薄く着色しクリア塗装を施しています。



加工前




加工後



  


Posted by マホガニー工房  at 21:46Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年10月04日

ハドソン M1917 シリンダーハンド製作

シングルアクションで特にシリンダーの回転不足になるハドソンのM1917を、なるべくシングルアクションで100%近づくようにパーツ製作と各パーツの作動調整を行ないました。
動画はYouTubeにUPしてあります。






  


Posted by マホガニー工房  at 16:06Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年10月04日

CMC M29 ハンマーノーズ製作 ケースハードゥン

目新しい加工では無いのですが、過去にUPしていない為UPして見ました。
CMC M29のハンマーノーズを実銃形状で製作しピンも穴開きに変更し取り付けました。
ハンマーとトリガーもケースハードゥン調に染めてあります。





  


Posted by マホガニー工房  at 16:00Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年07月20日

WA BH ウエスタンアームズ ブラックホーク トランスファーバー製作

最初期のウエスタンアームズのブラックホークのトランスファーバーは焼入れの出来る鉄で製作されており焼入れがされています。
よって欠けてしまう事があり、その後、WAでも軟鉄での製作となったようです。
1番左がWA純正品で右側の2個が当工房で製作した物です。
この後、磨いてブルーイングして完成です。
 
ハンド、ラッチカムを交換しても動かない方は是非ご相談ください。
完全作動させる事が可能です。




  


Posted by マホガニー工房  at 18:49Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年06月13日

MGC モーゼルM1916(C96)用 木製グリップ mauser red 9 製作中

現在MGCモーゼル(C96)用の木製グリップ通称レッド9を製作中です。
オーダーが数多くあったのですが、最長2年も待たせてしまったお客様がいらっしゃり大変ご迷惑をお掛けしてしまいました。
オーダーメードガンケースを含む木製製品は手間が非常に掛かり、金属部品と違い失敗するとロウ付けも溶接も出来ずオシャカとなる為、どうしても後回しになりがちです。
今回は10セット前後作りますが、余品は1〜2セットのみだと思われます。
必要な方がおられましたら、本ブログのプロフィール欄にありますメールアドレスにてお問い合わせください。
売り切れの際はご容赦ください。
また、いつになるか分りませんが次回製作の予約も承ります。
ワニスで仕上げており木材の導管をキチンと埋めて、当時の実銃用オリジナルグリップを彷彿させる出来です。
詳しくは下記ページをご参照ください。
http://mahoagnyws.militaryblog.jp/e441281.html
余談ですが10数年前にフランス等、ヨーロッパでウォルナットの病気で木がことごとく枯れました。
現在では残った材を実銃のライフルメーカーが全て買い占め、フランスクルミは見つかったとしても高額かまず入手出来ないので、アメリカ産のブラックウォルナットを使って製作しております。
アメリカのコルトやレミントン等の古式銃はブラックウォルナット製のグリップが装着されております。
ブラックウォルナットに色付けし、フランスクルミと同様の色合いにする事も可能です。

通常はオーダーが10セットに達しましたら製作します。
非常に手間が掛かる為ですので何卒ご了承ください。

☆有難うございます。
今回製作した分は売り切れました。


  


Posted by マホガニー工房  at 18:53Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年05月07日

コクサイ パイソン 部品細作及び作動調整

対策パーツなる物が販売されていたにも関わらず動かない事があるコクサイ(サンプロ)亜鉛合金製パイソン・・・・・。
対策パーツのリバウンドレバーは特に形状変更が激しく、シリンダーハンド、シリンダーストップも製造時期によって形状が異なったりしています。
あるコクサイのパイソンマニアの一説では当工房では真偽の確認まではできませんでしたが、リバウンドレバーの金型改修は7回程も行なわれていると言う事です。
ネットで検索しても決定的な対処方法は何方も記されていないようなので当工房の参上となりました。
パーツを真鍮削り出しにて製作し作動調整を行い完全作動するようにします。
リバウンドレバーはシリンダーストップを押し上げる小さなカムを製作します。
シリンダーストップ、シリンダーハンドは製作しなくても動く場合がございます。
回転不足の場合はシリンダーハンドを製作します。
添付写真の真鍮パーツはあくまでもカスタムの参考です。
最新の対策パーツや現在まで販売されて来た対策パーツの組み込み作動調整も行ないます。
詳しくはメール colt61navy@yahoo.co.jp 宛にお問い合わせください。
必ずご連絡先(宅配便の伝票に記載する)を明記にてご質問ください。

(参考までに)
リバウンドレバーは、真鍮メッキと呼ばれた最初期に付いていた物が実銃のパーツ形状を忠実に再現した物になります。
対策パーツは、実銃のリバウンドレバーのシリンダーストップとの接点の形状は完全に無視し作動重視で製作されましたが、それでも動かない事が多々あるようです。
本来ならリバウンドレバーを鉄で削り出し、シリンダーストップに焼入れを行い板バネのようにシナリを再現出来れば一番良い方法です。
こちらは時間が掛かると思いますが、私物の最初期物でテストを行い、販売出来るか否かを判断しようかと思っています。












  


Posted by マホガニー工房  at 16:03Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年05月05日

ハドソン南部14年式 セフティーレバー

ハドソン南部14年式の真鍮削り出しセフティーレバーです。
今回で3度目かの製作ですが、どの個体もフレームの穴が垂直に開いていませんでした。
またセフティーレバーにも問題が有るようです。
セフティーレバーがプラプラ状態でした。
フレームの穴を亜鉛合金を削り出した棒にて埋め、再度穴開け真鍮で削り出したセフティーレバーを取り付けました。






  


Posted by マホガニー工房  at 21:05Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年04月20日

ハドソン トンプソン 真鍮削り出し マガジンキャッチ

先日に引き続き真鍮削り出し(一分ロウ付け)にて製作しました ハドソン トンプソン マガジンキャッチです。
滑り止めを手作業にて加工し黒染め後に本体に取り付けました。
言うまでも無く右側が粒間腐食により崩壊した亜鉛合金製のオリジナルパーツです。








  


Posted by マホガニー工房  at 17:38Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年04月16日

真鍮削り出し M1A1トンプソン マガジンキャッチ

お客様のご依頼により粒間腐食してボロボロになってしまったマガジンキャッチを真鍮削り出し(一分ロウ付け)にて製作しました。
まだ滑り止めの格子状セレーションと穴、表面仕上げとブルーイングは施していませんが、取り敢えず写真をUPしました。
今回使った真鍮は、鉄と同じ位?硬いと思われるシルジン青銅なのか、それとも最強硬度をもった真鍮なのか・・・・・焼き戻し処理をしても糸鋸の刃が太刀打ち出来ない程の硬度を持っていました。
叩くとチーンと硬さが分る金属音!
作業効率を考えると今後の真鍮削り出しには絶対に使えません。
主要部品では使えません。





  


Posted by マホガニー工房  at 21:27Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年04月07日

MGC ディテクティブ トリガーピン修理 その他

MGCディテクティブのダブル&シングルアクション作動が可能で、カートもエジェクト出来る製造時期の非常に短い極レアの個体を修理しました。
良くある破損の1つでフレーム側のラッチがスライドするスリット部分が欠けていたので、板状のパーツを削り出し合金で接合してあります。
トリガーピンが欠けて、修復する形でフレームとサイドプレートを貫通する形でネジ留めされていた為、サイドプレートの貫通ネジ穴を亜鉛合金でピンネジを作りネジ込んだ後合金で埋め、真鍮でトリガーピンを製作しネジを切ってフレームに取り付け合金で接合しました。
黒染めしてスプレー塗装をして完成です。











  


Posted by マホガニー工房  at 20:21Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年04月07日

ハドソン ローマン セフティーコネクター&ハンドスプリング

簡単に破損してしまうハドソン ローマンのセフティーコネクターとハンドスプリングを製作しました。
今までにも何度と無く真鍮削り出しにて製作した事のあるパーツです。
真鍮は一部ロウ付けしてあります。
真鍮(黄)ロウでのロウ付けなので、比較的低温度で溶ける銀ロウと溶解温度が違い真鍮が溶ける寸前に高温で溶ける(流れる)為、溶接と同じ位の強度があります。
ハンドスプリングは焼入れで失敗するので、複数製作し焼入れが上手く行った物が製品になります。
いつもの事ながら焼入れは簡単そうでも非常に難しい作業です。




  


Posted by マホガニー工房  at 18:58Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2016年02月23日

MGC M31 真鍮削り出しハンマー セフティーボタン

MGCのM31RSは、空撃ちすると必ずハンマーが欠けてしまいます。
この銃に関してだけでは無く、亜鉛合金製モデルガンは元々空撃ち厳禁ですが・・・・・。
よって法律で規制されているブリネル硬度を回避する目的で柔らかめの真鍮にてハンマーを削り出ししました。
真鍮では主要パーツ(今回の場合はハンマーに関して)は製作出来ないと言う、いい加減な噂があるようですが、通常の真鍮(快削黄銅)はブルネル硬度的には法律に引っ掛かりません。
銅や亜鉛の比率を上げていない通常の真鍮であれば基本的に問題ありません。
怖いのは法律を知らず真鍮はブリネル硬度(硬さ)を超えていて使えないと思い込み、亜鉛合金以外で金属製モデルガンを製作すると違法だとネットで嘘を付きまくっている人達です。
この業界ではプロであるはずのショップ店員やネット住民等々、まことしやかに平然として間違った情報を吹聴する人が多く存在するのは誠に残念でなりません。
悪意がある訳では無いと思いますがマスコミの嘘報道と同じく良く検証してから発言して貰いたいものです。
インターネットで簡単に検索出来るはずです。
違法と言われるブリネル硬度と比較すれば簡単に理解出来るものです。
金属製モデルガンに関する法律条項の中の硬度に関する事項の中に材質として真鍮では作れないと言う材質の指定は一切されていません。
ただし、真鍮であっても銅や亜鉛の配合を変えると著しく硬度が上がる為、勿論注意が必要です。
真鍮の快速鋼を使えばブリネル硬度(硬さ)に絶対に違反しません。
真鍮での主要部品製作は違法では無いと言うその証拠に、ランパントクラシックの亜鉛合金製SAAのハンマーは真鍮のロストワックス製法(インベストメントキャスティング)で作られた物も実際に量産され販売されています。
http://www.rampantclassic.jp/products/detail.php?product_id=100
http://www.rampantclassic.jp/products/detail.php?product_id=99
撃発(火薬を発火させる)機能のあるモデルガンのスライドやフレームを真鍮で製作すると法的に問題が出て来ると思われます。
一部にグレーゾーンと評価されていますが、ZEKEの真鍮削り出しのモデルガンは、ちなみにこの点を法的に全て回避(クリア)した製品です。
今回のMGCのM31は、セフティーボタンや、それに関わる部品も紛失と言う事で、ブリネル硬度の法的規制が掛からないパーツですので鉄で削り出しました。
削り出し部品を組み込んだ後の作動状況はYouTubeで動画もご覧頂けます。
空撃ちしないハンマーリリースの方法もご覧頂けますので、ご存知無い方は参考にされてください。






  


Posted by マホガニー工房  at 21:10Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2015年11月05日

CMC M27、M29ハンマーピン再生

旧CMCのM27、M29のハンマーピンが折れた物を修復します。
このモデルはハンマーピンが亜鉛合金製で細い為、またはサイドプレートのハンマーピンの軸受けの径が太く軸受けの意味を成していない為、空撃ちをすると簡単に欠けると言う問題があります。
スチールの棒を亜鉛合金のフレームに鋳込んでしまえば問題無かったのですが、細い亜鉛合金のピンで上記の理由から簡単に欠けてしまいます。
真鍮や鉄でピンを製作し、フレームにタイトに穴を開け圧着して取り付けます。
僅かに太目に作りますので、サイドプレートの穴にもピタリと収まります。
ピンはフレームを貫通していません。
実銃のようにフレームを貫通した加工も承ります。
メッキ剥離したフレームに取り付けてあるのが鉄製のピンです。
このフレームは白または黄色にスプレー着色(合法処理)してから返送します。




  


Posted by マホガニー工房  at 12:14Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2015年10月02日

MGC PPK 3型 タニオアクション レコイルアーム トリガースプリング

MGC PPK 3型のレコイルアーム(リコイルアーム)やトリッガースプリング(トリガースプリング)を製作致します。
絶版部品の為、摩耗や破損によってタニオアクションを諦めている方がいらっしゃると思います。
フレームのリコイルアームの引っ掛かるノッチが摩耗している場合には、ノッチに真鍮を埋め込み擦り合わせして作動調整する事も可能です。
個体によってはトリガースプリングを破損された方もいらっしゃるのでは無いでしょうか?
こちらも製作します。

詳しくは(メールでのお問い合わせの前に・・・・・)をご覧になり、必ずメールにてご質問ください。









  


Posted by マホガニー工房  at 18:35Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2015年09月07日

ネジ山修理

舐めてしまったネジ山の修理も行います。
写真は旧MGCのGM3のグリップスクリューです。
加工する部分によって価格が異なりますので、メールにてお問い合わせください。

  


Posted by マホガニー工房  at 17:07Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2015年08月26日

ウエスタンアームズ ルガー セキュリティー(スピード)シックス エジェクター

真鍮削り出しで WA ウエスタンアームズのルガーセキュリティー(スピード)シックス用のエジェクター(エキストラクター)を製作します。
亜鉛合金の粒間腐食によって膨張破損し非常に壊れ易いパーツなので、製作を期待していたオーナー様も多いのでは無いでしょうか?
大変お待たせしました。
1点ずつ削り出しやロウ付けにて製作する為、納期はかなり掛かりますので、オーダーされる場合は気長にお待頂ける方に限ります。
尚、同モデルの他の壊れ易いパーツも製作します。
YouTubeの動画は真鍮削り出しによって写真にあるエジエクター、シリンダーラッチ、ポウル(シリンダーハンド)を製作し組み込み作動調整した物を撮影しました。
納期や価格に付いてはメールにてお問い合わせください。
今回の動画のように複数のパーツを製作しますと、部品同士の擦り合わせを行わないと動きません。
ご自分で調整出来る自信のある方は別として、作動調整も(実費で)行いますので部品の価格と作動調整に関してはメールにてお訪ねください。
エジエクターのみの製作の場合も恐らくポン付けしての動作は難しいかも知れません。
よってWA ウエスタンアームズのセキュリィティシックス及びスピードシックスのエジェクター製作には本体をお送り頂く必要があると思います。
作動調整に関して、余程の自信がある方を除いてですが・・・・・。
価格に付きましては、少量製作と言う事で、ある程度高額ですが、常識的な価格設定になっているのでは?と自負しております。
ランパントクラシックの亜鉛合金製SAAのロストワックスによる精密鋳造(インベストメントキャスティング)による量産品の真鍮製ハンマーですら2万円近い金額です。
当工房のパーツ製作は1点物と同じですので、手間隙が掛かり、それに応じてそれなりの金額が掛かります。
勿論、簡単な形状のパーツは数千円単位で製作出来ます。
今回のエジェクターに関しては常識的に考えて、それ以上(上記SAAのハンマー以上)の価格設定と言う事になります。
ある程度のご依頼があれば、インベストメントキャスティングで製作も考える事になると思いますが、現時点ではご依頼数が未知数である為に削り出しでの製作のみになります。
一生物として使用出来る、当工房による全ての真鍮削り出しのパーツ製作に関しての手間隙や価値をご理解頂けない方は、中古の亜鉛合金製パーツがヤフオクにでも出品されるのを気長にお待頂いた方が賢明かと思われます。
本当ならば、各加工のページに価格を表示したい所ですが、古い亜鉛合金製モデルガンは数が売れた為に型の改修等が頻繁に行われています。
その為、殆どの場合、モデルガン本体等をお送り頂き作動調整まで行わないとパーツを製作しても動かない等の問題が発生します。
作動調整にも多少の代金を頂く場合がございますので、トラブルの回避の意味も含め、あえて価格を表示しておりません。
見積もりもお受けしますが、それによって100%代金確定ではありません。
数千円で今回のエジエクターを製作出来ると勘違いされている方が少なからずおられますので、致し方無く上記の説明を追加記載させて頂きました。
あしからずご了承ください。

お問い合わせされる場合は必ずメールにて連絡先明記でご質問ください。
連絡先が明記されていないメールに関しては返答しない場合があります。
携帯電話へのお問い合わせは急用以外はご遠慮ください。
通情、土日祝日を除き1〜2日以内には返答させて頂きますので、それを過ぎても返答の無い場合はメールが届いていない可能性がございます。
携帯電話でお問い合わせの方は、当方のパソコンからの返答が戻って来てしまうと言う事例が多いです。
パソコンからのメールを受け取らない設定にされている方はご注意ください。
パソコンからメールで問い合わせて頂けるようお願い致します。







  


Posted by マホガニー工房  at 23:44Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2015年07月12日

コクサイ(サンプロ)パイソン作動調整

コクサイのパイソンに対策パーツを取り付けても動かない個体の作動調整をします。
パーツを1点削り出しにての製作と作動調整にて動くようにします。
加工は予約順になりますので、詳しくはプロフィールのメールアドレスよりお問い合わせください。
同じくホビーフィックスのディテクティブも部品製作と作動調整を行っておりますので当ブログにてご確認ください。  


Posted by マホガニー工房  at 23:29Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2015年05月16日

亜鉛合金製モデルガンの変形の修理

欠けたり変形した亜鉛合金製モデルガンの修理をします。
写真の通り火薬使用により変形や分離してしまったものを元通りに修理します。
分離しているだけでは無く、伸びてしまっていますので、その部分も元通りに加工します。
リボルバー等でも曲がってしまったフレームの修理をします。
修理出来ない物と出来る物がございますので、写真添付にてご質問ください。
文章のみのご質問にはお答え出来ない場合がございますので、必ず写真添付にてご質問ください。
悪戯防止の為、必ずご連絡先明記にてご質問ください。
ご連絡先をお知らせ頂けない場合は返答しません。
最後の2つの写真が修理後の物です。
スライドやフレームのシャクレてしまった部分の変形も元通りに修正されています。






  


Posted by マホガニー工房  at 22:34Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2015年04月16日

ナカタ (中田)フレンチ用 真鍮製トリガーバー

ナカタ フレンチ用の真鍮製トリガーバーです。
オリジナルの部品を元に採寸・製作しモデルガンに組み込んで作動調整済みです。
100%削り出しでは無く、ロウ付け等、彫金の技法も駆使して製作してあります。
この部品は非常に壊れ易いので、お困りのオーナーの方、如何でしょうか?
基本的に組み込んだだけで作動するはずですが、最初期のモデルガンに組み込んで作動調整しましたので、型の改修を行っていると思われる後期のメッキの物にポン付けし正常作動するか否かは確認していません。
写真には2つ写っていますが、1つの価格で15,000円になります。





  


Posted by マホガニー工房  at 23:53Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2015年03月30日

メールでのお問い合わせの前に、必ずご覧ください。

お問い合わせ時、メールの件名は「こんにちは」や「はじめまして」等では無く、修理依頼または問い合わせである事が分かるようご記入ください。
件名無しや「こんにちは」や「はじめまして」等は見ずに削除されます。
ご連絡先(最低限携帯や固定電話等)を無記名の場合は、申し訳ございませんが返答しません。
通常、土曜 日曜 祝日を除き、24時間以内にご返答させて頂いております。
ご連絡先の明記無しのメール以外のお問い合わせに関して48時間以上返答が無い場合はメールが届いていないと考えられます。
緊急時以外、携帯電話へのお問い合わせはご遠慮ください。
携帯電話からのメールで、パソコンからのメールを受け取らないような設定にされている方が多々おられます。
また、受信文字数に制限のある方もご注意ください。
この場合も返答出来無い事がございますのでご注意ください。
加工途中の写真や完成時、作動確認の動画を送る事がございますので、出来る限りパソコンからメールして頂けますようお願いします。
携帯電話のショート(C)メールでのお問い合わせには返答しません。

加工代金は加工開始時にお支払い頂いております。
完成時にお振込をお願いしても、連絡が付かない事例があった為ですので予めご了承ください。

本当ならば、各加工のページに価格を表示したい所ですが、古い亜鉛合金製モデルガンは数が売れた為に型の改修等が頻繁に行われています。
その為、殆どの場合、モデルガン本体等をお送り頂き作動調整まで行わないとパーツを製作しても動かない等の問題が発生します。
モデルガンでもガスガンでもポン付け出来ない場合がありますので、部品製作は本体をお送り頂き当工房にて作動調整まで行なわせてください。
作動調整にも多少の代金を頂く場合がございますので、トラブルの回避の意味も含め、あえて価格を表示しておりません。
見積もりもお受けしますが、あくまでも予定価格であり、それによって100%加工代金確定ではありません。

亜鉛合金の接合及びメッキ剥離加工及びカスタム等、必ず加工部分や壊れた部品の写真(JPG)をメール添付してご質問ください。

初歩的な質問や修理に関係無い質問、ネット検索で簡単にヒットするようなご質問には基本的にお答えしておりません。
素材購入業者等を教えてください等の質問も返答しません。
予めご了承ください。
亜鉛合金製モデルガンへの再メッキに関しましても現段階では行っておりません。

古式銃やモデルガンの売買の仲介も行っていません。
ガンケース以外の古式銃に関しての質問にもお答えしておりません。

<製作に掛かる時間、代金のお支払い等>
全ての作業が、ほぼ手作業によるもので、加工に着手したり完成までに非常に時間が掛かります。
既に多数のバックオーダーを頂いており、新規にオーダーされても直ぐに加工に着手出来たり完成する訳ではありません。
メッキ剥離加工も同様です。
簡単な加工は除き、難しいカスタムや手間の掛かる部品製作は現時点で最低でも6ヶ月以上〜待ちの状態です。
簡単な加工や全く同じ加工がご依頼時前にある場合に関しましては一緒に作業を行う事もあり比較的早く加工出来る場合もございます。
とにかく急いで加工して欲しいと言うご依頼には対応出来ませんので予めご了承ください。
部品製作、亜鉛合金製モデルガンの加工(メッキ剥離も含め)は、加工開始時に代金のお支払いをお願いしております。

<部品製作の価格等>
1点物の削り出しによる部品製作は、アナログの機械(旋盤やフライス盤等)での荒削りを行い彫金の技法を使いながら手作業の部分が殆どです。
半量産のNCフライスや旋盤、量産のインベストメントキャスティング製法と違いかなりの手間隙が掛かります。
製作に掛かる時間等を考慮しながら常識的な価格設定を行っておりますが、予め、ある程度の金額が掛かる事を予めご理解ください。

現在、真鍮、洋白(ジャーマンシルバー)等にて削り出し部品を製作しておりますが、材質の指定が無い場合は真鍮にて製作をします。
製作を開始してからの材質の変更は出来ません。

<オーダーメードガンケースに関して>
古式銃用オーダーメード ガンケースは製作開始までに1年以上掛かります。
古式銃用ガンケースの製作は、加工開始時に2/3程の代金をお支払い頂きます。
完成時に残りの1/3をお支払い頂きます。

<MGC M96(レッド9)木製グリップ製作に関して>
MGCモーゼルM96の木製グリップは比較的時間に余裕のある時に製作しており、ある程度の数が溜まってから製作になりますので、ご依頼を頂き完成までにそれなりに時間が掛かります。
加工をご依頼される場合は予約にて承りますので、詳しくはメールにてお問い合わせください。

<メッキ剥離をご依頼の場合は>
分解しメッキ剥離する部品のみお送りください。
当工房に分解や組立を依頼する場合は各500円程頂きます。
つまり分解と組立を依頼される場合は1,000円になります。
メッキ剥離後は酸化皮膜が形成され白っぽい感じに仕上がりますが、組み立てての返送して欲しい方の場合は白または黄色の塗装を施す場合がございます。
詳しくはお問い合わせください。

<亜鉛合金製モデルガンを発送される際には>
金属(亜鉛合金)製ガス抜け黒染めのモデルガンを、そのまま送られる際には、法に従い簡単で結構ですので白または黄色の着色をお願いします。
油性マジックペンでの着色でも結構です。
簡単でも結構ですので金属の蓋にてバレルを閉鎖ください。
モデルガンの場合、金色メッキの地肌が剥げ銀色になっているだけで違法となり、見つかれば確実に没収されます。
亜鉛合金製モデルガンの場合、法律上フルメタルガスガンと同じカテゴリーでは無いので、上下分解しただけでは違法になる可能性が非常に高いです。
大きなパーツ部分は黄色または白に着色しお送りください。
土日祝は荷物を受け取れません。
必ず平日の14:00〜16:00時着にてヤマト運輸限定で発送ください。
他の業者の場合、配達予定日に受け取れません。
ご不明な点や詳細に付いてはメールにてお尋ねください。
詳しくご説明致します。

◎難しいカスタム等で実際に会って打ち合わせをされたい方は、メールにて日時の予約を行なった上にご来訪頂く事が可能になりました。
詳しくはお問い合わせください。

(加工品の返送時の営業所止めや会社の場合は。)
出来る限り対応しますが、こちらからの完成の連絡時にお知らせください。
伝票番号をお知らせしますので、出来れば営業所に転送依頼をして頂ければ助かります。

colt61navy@yahoo.co.jp までお問い合わせください。
携帯のCメールでのお問い合わせ等はご遠慮ください。  


Posted by マホガニー工房  at 23:13Comments(0)亜鉛合金製モデルガン