2013年05月31日

亜鉛合金製モデルガン メッキ剥離加工

亜鉛合金製モデルガンのメッキを剥離します。
サンドブラストによる剥離ではありませんので、エッジがダレる事はありません。
写真の旧CMCのM27はバレル上面に非常に細かな反射防止加工が施されていますが、このような部分でも綺麗に剥離する事が出来ます。
亜鉛合金以外(鉄や真鍮)のメッキ剥離は出来ません。
メッキ剥離の価格は1丁単位での最低価格で12,000円程〜です。
部品点数及びモデルによって剥離代金が異なります。
部品単位でのお見積もりは別途行いますので、メールで必ず写真添付にてご質問ください。
部品点数によって剥離価格が異なります。

メッキ剥離をご依頼の場合は分解しメッキ剥離する部品のみお送りください。
ご自分で分解出来ない方で当工房に分解や組立を依頼する場合は各500円程頂きます。
つまり分解と組立を依頼される場合は1,000円になります。

実際に過去に趣味にて紙ヤスリ等で数々の亜鉛合金製モデルガンのメッキを剥がしていた私自身も、労力と労力そして結果を考えると実際に非常に安価だと思いますし、ご自分でモデルガンの内側のメッキをヤスリ等で剥がす事はまず不可能です。

マルシン製の亜鉛合金製モデルガンはメッキが非常に厚く、その他のメーカーと比べピン類が緩くなります。

当工房では、ミクロ単位のメッキのみの剥離で、亜鉛合金を一切削らずメッキのみを剥がしており、手作業で絶対に剥がす事が絶対に出来ないメッキ剥離を行っております。
亜鉛合金製モデルガンは亜鉛に鉄や真鍮のパーツを鋳込んでメッキされている場合が殆どで、メッキ剥離の際に亜鉛合金以外の金属はある程度痩せてしまいます。
鉄は磁石に反応しますので、剥離前に加工し痩せないようにする事は可能ですが、亜鉛合金と一緒に鋳込んである真鍮は経験に頼るしかありません。

メッキ剥離後の写真ではつや消しのグレーですが、メッキ剥離後の酸化を防ぐ為に酸によっての処理を行っている為です。
磨きの状態で宜しければ、磨きの状態でお渡し出来ますので、その旨予めお知らせください。

<ご注意!>現行法では、メッキを剥離したまま、もしくは黒染めされた亜鉛合金(金属)製モデルガンを組み上げる場合は、白または黄色の塗装を施す必要がございます。
CMCのM27はあくまでも組み上げのイメージです。

現段階では古く鋳造後に時間の経った亜鉛合金製モデルガンへの再メッキは出来ません。
再生塊では無くランパントクラシック等で使われているJISマークの亜鉛合金のインゴットで鋳造された亜鉛合金製モデルガンへの再メッキは可能かも知れません。
亜鉛合金製モデルガンへのメッキは、過去から現在まで、国内でたった1社のメッキ工場で対応しています。
数年前まで再メッキして貰えるメッキ工場があったのですが、クレームの多さの為に再メッキを止めてしまいました。
現在、当工房では古いモデルガンへの再メッキを出来るように準備中です。


表面仕上げ等に関しましてはメールでお問い合わせください。

(ご注意!)
当工房では現時点では再メッキの加工は行っておりません。
再メッキしてくれる工場等を教えてください等のお問い合わせ頂いてもご返答致しません。



同じカテゴリー(亜鉛合金製モデルガン)の記事画像
MGC モーゼル M96 削り出しハンマー
削り出し真鍮パーツの黒染め
MGC チーフ1型
MGC センチニアル パーツ製作
MGC PPK タニオアクション レコイルアーム 形状テスト
ウエスタンアームズ ルガーセキュリティシックス エジエクター
同じカテゴリー(亜鉛合金製モデルガン)の記事
 MGC モーゼル M96 削り出しハンマー (2017-07-13 20:24)
 削り出し真鍮パーツの黒染め (2017-06-15 15:14)
 MGC チーフ1型 (2017-06-14 17:04)
 MGC センチニアル パーツ製作 (2017-06-14 16:53)
 MGC PPK タニオアクション レコイルアーム 形状テスト (2017-06-02 17:36)
 ウエスタンアームズ ルガーセキュリティシックス エジエクター (2017-05-10 16:27)

Posted by マホガニー工房  at 16:37 │Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2ちゃんねるの荒らしが記載する事があるので承認後受け付けます。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。