2015年05月16日

亜鉛合金製モデルガンの変形の修理

欠けたり変形した亜鉛合金製モデルガンの修理をします。
写真の通り火薬使用により変形や分離してしまったものを元通りに修理します。
分離しているだけでは無く、伸びてしまっていますので、その部分も元通りに加工します。
リボルバー等でも曲がってしまったフレームの修理をします。
修理出来ない物と出来る物がございますので、写真添付にてご質問ください。
文章のみのご質問にはお答え出来ない場合がございますので、必ず写真添付にてご質問ください。
悪戯防止の為、必ずご連絡先明記にてご質問ください。
ご連絡先をお知らせ頂けない場合は返答しません。
最後の2つの写真が修理後の物です。
スライドやフレームのシャクレてしまった部分の変形も元通りに修正されています。










同じカテゴリー(亜鉛合金製モデルガン)の記事画像
CMC M29 タナカ製リアサイトへ交換
HF ディテクティブ パーツ制作
CMC M29 ベース センチネルアームズ ジョン カスタム
メッキ調塗装
MGC M73 ロアフレーム 破損修理
MGC ルガー P08 エキストラクター トリガーバー
同じカテゴリー(亜鉛合金製モデルガン)の記事
 CMC M29 タナカ製リアサイトへ交換 (2018-09-20 16:05)
 HF ディテクティブ パーツ制作 (2018-09-05 16:08)
 CMC M29 ベース センチネルアームズ ジョン カスタム (2018-09-04 16:21)
 メッキ調塗装 (2018-07-04 16:51)
 MGC M73 ロアフレーム 破損修理 (2018-06-02 20:44)
 MGC ルガー P08 エキストラクター トリガーバー (2018-05-17 16:55)

Posted by マホガニー工房  at 22:34 │Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2ちゃんねるの荒らしが記載する事があるので承認後受け付けます。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。