2017年12月17日

メッキの上から合金接合

新しい合金を作った事により、メッキの上からも接合やカスタム出来るようになりました。
写真は、シリンダーのインサートを1ヶ所削った物を修理した際の写真です。
→の部分がメッキの上から合金を流した部分になります。
これによって、必ずしも亜鉛合金製モデルガンのメッキを剥離せずとも、亜鉛合金製モデルガンの接合修理が出来るようになりました。
詳しくはお問い合わせください。








同じカテゴリー(亜鉛合金製モデルガン)の記事画像
MGC ルガー P08 エキストラクター トリガーバー
MGC リガー P08 ブリーチブロック 修理
MGC S&W44AUTO メインスプリングハウジング
MGC S&W 44AUTO  メインスプリングハウジング
MGC MP-40 ボルト修理
メッキ調 塗装
同じカテゴリー(亜鉛合金製モデルガン)の記事
 MGC ルガー P08 エキストラクター トリガーバー (2018-05-17 16:55)
 MGC リガー P08 ブリーチブロック 修理 (2018-05-17 16:50)
 MGC S&W44AUTO メインスプリングハウジング (2018-05-14 17:54)
 MGC S&W 44AUTO メインスプリングハウジング (2018-05-02 22:24)
 MGC MP-40 ボルト修理 (2018-04-18 14:53)
 現時点での加工開始までの期間について (2018-04-12 23:56)

Posted by マホガニー工房  at 21:44 │Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2ちゃんねるの荒らしが記載する事があるので承認後受け付けます。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。