2018年05月17日

MGC リガー P08 ブリーチブロック 修理

MGC ルガー P08 ブリーチブロックのトグルを引いて排莢させる際にカートが下に落ちないように付いている突起部分の再生です。
真鍮でカートのリム部分を固定する為のパーツを削り出し亜鉛合金のブリーチブロックをミーリングマシンで1mm程削り接合してあります。
亜鉛合金製のモデルガンは発火した後クリーニングしないと腐食やパーツ同士の固着が顕著に起こります。
勿論、質の良く無い不純物たっぷりの再生塊で鋳造されたモデルガンはボロボロになってしまいます。
JISマークの入った亜鉛合金のインゴットを使って鋳造すれば亜鉛合金も長持ちしますが、残念ながら当時のモデルガン業界には良心が無かったのか質の良く無い亜鉛合金で製造されたモデルガンが比較的良く見掛けられます。












同じカテゴリー(亜鉛合金製モデルガン)の記事画像
MGC ルガー P08 エキストラクター トリガーバー
MGC S&W44AUTO メインスプリングハウジング
MGC S&W 44AUTO  メインスプリングハウジング
MGC MP-40 ボルト修理
メッキ調 塗装
CMC SAA 68 トリガー シリンダハンド 製作
同じカテゴリー(亜鉛合金製モデルガン)の記事
 MGC ルガー P08 エキストラクター トリガーバー (2018-05-17 16:55)
 MGC S&W44AUTO メインスプリングハウジング (2018-05-14 17:54)
 MGC S&W 44AUTO メインスプリングハウジング (2018-05-02 22:24)
 MGC MP-40 ボルト修理 (2018-04-18 14:53)
 現時点での加工開始までの期間について (2018-04-12 23:56)
 メッキ調 塗装 (2018-04-02 23:43)

Posted by マホガニー工房  at 16:50 │Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2ちゃんねるの荒らしが記載する事があるので承認後受け付けます。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。