2016年04月16日

真鍮削り出し M1A1トンプソン マガジンキャッチ

お客様のご依頼により粒間腐食してボロボロになってしまったマガジンキャッチを真鍮削り出し(一分ロウ付け)にて製作しました。
まだ滑り止めの格子状セレーションと穴、表面仕上げとブルーイングは施していませんが、取り敢えず写真をUPしました。
今回使った真鍮は、鉄と同じ位?硬いと思われるシルジン青銅なのか、それとも最強硬度をもった真鍮なのか・・・・・焼き戻し処理をしても糸鋸の刃が太刀打ち出来ない程の硬度を持っていました。
叩くとチーンと硬さが分る金属音!
作業効率を考えると今後の真鍮削り出しには絶対に使えません。
主要部品では使えません。









同じカテゴリー(亜鉛合金製モデルガン)の記事画像
CMC M29 タナカ製リアサイトへ交換
HF ディテクティブ パーツ制作
CMC M29 ベース センチネルアームズ ジョン カスタム
メッキ調塗装
MGC M73 ロアフレーム 破損修理
MGC ルガー P08 エキストラクター トリガーバー
同じカテゴリー(亜鉛合金製モデルガン)の記事
 CMC M29 タナカ製リアサイトへ交換 (2018-09-20 16:05)
 HF ディテクティブ パーツ制作 (2018-09-05 16:08)
 CMC M29 ベース センチネルアームズ ジョン カスタム (2018-09-04 16:21)
 メッキ調塗装 (2018-07-04 16:51)
 MGC M73 ロアフレーム 破損修理 (2018-06-02 20:44)
 MGC ルガー P08 エキストラクター トリガーバー (2018-05-17 16:55)

Posted by マホガニー工房  at 21:27 │Comments(0)亜鉛合金製モデルガン

2ちゃんねるの荒らしが記載する事があるので承認後受け付けます。
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。